HOME > 居宅介護支援事業(ケアマネージャー)

居宅介護支援事業所 (ケアマネージャー)

ケアマネージャーの役割


 ケアマネージャーとは、ご利用者さま(要介護者さま)のご依頼にて心身状態や生活環境を伺い、ご家族さまのご希望を考慮したうえで、ご利用者さまへの最も快適にご自宅で介護生活を送れるよう専門知識と経験を踏まえた介護支援計画(ケアプラン)を作成します。 
 また、要介護度にもよりますが状況に合わせた、生活を補助する介護用具(住宅改修を含む)や介護保険にてご利用できるサービスをご提案させていただきます。
 ケアマネージャーは、定期的にご利用者さまと連絡をとりあい、必要であれば、ご自宅に伺ってご相談をうけることも仕事です。
 ※要支援の認定を受けている方は、地域包括センターにご相談ください。

※介護の相談・ケアプラン作成の詳細については、厚生労働省のサイトで詳しく説明しています。

 

ケアマネージャー紹介

 

主任ケアマネージャー 主任ケアマネージャーの三枝です。
ケアマネージャーからのコメントは、ただいま製作中ですもうしばらくおまちください。
ケアマネージャー ケアマネージャーの山下です。
ケアマネージャーからのコメントは、ただいま製作中ですもうしばらくおまちください。

※イラストはツカエルサイトさんで制作しました。

 

ご相談からサービス利用までの流れ

 ●申請から介護認定、ご利用までには、おおよそ約1か月ほどかかります

介護申請の流れ

※「*1」について、市町村の調査員がお伺いする場合がございます。
※ご利用となる地域や個人の状態により、利用できるサービスなどが異なる場合がございます。

事業所番号 1371404177


▲ページトップに戻る